ラティフ監督よりメール
いま、とある90分の台本を書いている途中で、息抜きにメールを見たらアフガンからメールが3通ほど届いていました。1通はラティフ監督からです。差し支えのない箇所だけ抜粋して掲載します。カブールの映画館情報、簡単な映画制作情報です。ご関心あればどうぞ。

Dear Mr. H. Inoue

I hope this email finds you in good health.
  〜中略

Actually you will guess that she is an angel when you watch the movie.
  あの女の子のことです。

I have very good news for you. But I want to make you surprise please wait.
I am going out side of Afghanistan for a chick up and an official discussion.
  ちょっと気になる文章ですが、相変わらず忙しそうです。
  この間は撮影直前にテヘランのデジタル映画祭にゲストで
  行ってしまい音信不通になって不安でした。

95% shooting of our project is finished just I need a snow scene in Kabul.
  季節のコントラストで雪が降ることを祈りますと今夏、話し合いました。

As you requested:
  2日前にメールでカブール他にある映画館の数を聞きました。

7 cinema theaters are active in Kabul and 3 cinemas are active in the provinces.
  カブールには7つ、地方に3つ稼働。

Private companies make about 10 feature film with Digital system
on 35mm just 1 or 2.
  独立採算性の映画制作会社が年間に2時間クラスのハイビジョン映画を10本
  35ミリフィルムのを1〜2本ということだと思います。
  デジタルの効用で本数が増えたようです(本国のみでまかなえる)。
  フィルムで撮った場合は隣国イランのテヘランで現像することが多いです。

About 100 movies imported each year in Kabul.
  年間、国外から100本の映画が入ってくるそうです。
  略〜。
[PR]
by hugmachine | 2007-10-31 00:26 | アフガン雑記帳
<< cacakabul ある女優からのメール >>